2010年 W杯 アジア地区最終予選

2010年 W杯 アジア地区最終予選

サイトマップ  ご利用についてのご案内


HOME>>【2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会】アジア地区最終予選

サッカーニュース ☆2009年6月17日(水):【 2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会 】アジア地区最終予選でサッカー日本代表は敵地でオーストラリアに1−2で逆転負け・・・サッカー日本代表はグループ2位でW杯へ出場。 サッカーニュース

[サッカーショップ加茂]2010ワールドカップ関連商品

 2009年6月17日(水) 現地時間 20:20キックオフ(日本時間:19:20)/会場:メルボルン
 テレビ放送:テレビ朝日系列 / 放送時間:19:09〜21:24
豪 州 得点 日 本
2-1
 得点:ケーヒル(後半14分)/ケーヒル(後半31分) 前半0-1
後半2-0
 得点:田中マルクス闘莉王(前半40分)

【2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会】アジア地区最終予選 特集ページ
   コンテンツ一覧
   【2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会】アジア地区最終予選について
   サッカー日本代表の【グループA】各国との過去の対戦成績
   【グループA】各国の解説
     日 本    バーレーン    ウズベキスタン    カタール    豪 州
   サッカー日本代表【グループA】-勝敗リーグ表
   【グループA】リーグ戦日程&試合結果
   2008.9月 終了 2008.10月 終了 2008.11月 終了
   2009.2月 終了 2009.3月 終了 2009.4月 終了 2009.6月 終了
  ※このページの各コンテンツ欄へリンクしています。

『いよいよ登場!2010年南アフリカW杯 サッカー日本代表着用モデルユニフォーム』
マーキング対応ユニホーム
【サッカーショップ加茂】日本代表ユニフォーム
  遂にサッカー日本代表2010年ワールドカップ着用モデルが発表されました!
  伝統の濃青=ジャパンブルーが目を引く今回の新ユニフォーム様々な想いが詰まっています!
  最大の特徴は「選べるユニフォーム」という新コンセプトです。
  軽量性と速乾性に優れた『FORMOTION』タイプと90分間パワーを持続できる 『TECHFIT』タイプ。
  選手のプレースタイルやコンディションに合わせて選択出来るというものです。
  11月14日南アフリカで行われる南アフリカ代表との親善試合が新ユニフォームお披露目試合です。

ついに登場!2010年モデル・サッカー日本代表トレーニングウェアは予約受付中!!
【サッカーショップ加茂】日本代表2010モデルトレーニングウェア
 サッカー日本代表選手が、練習で着用する「PREDATOR X(プレデターX)」シリーズと
 移動や宿泊先などのオフピッチで着用する「Condivo(コンディボ)」シリーズが揃って登場しました。
 13年ぶりに一新されたJFAの新エンブレムを胸に湛えた2010モデル日本代表トレーニングウェアは
 サッカー日本代表サポーターにはに堪えられないトレーニングウェアです。
SALE by【Soccer Shop KAMO】


    【2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会】アジア地区最終予選について
    2008年9月6日から開幕し、2009年6月17日まで行われる。
    3次予選を勝ち抜いた10チームがホーム・アンド・アウェー方式の総当たりで対戦する。
    アジア地区の2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会出場枠は
[4.5]枠
    各組1位と2位は本大会出場が決定する。
    各組3位同士でアジア地区5位決定戦を行い、その勝者がオセアニア地区1位との
    プレーオフに進む。

     グループA
     日本 / バーレーン / ウズベキスタン
     カタール / 豪州
     グループB
     韓国 / イラン / サウジアラビア
     北朝鮮 / UAE

    サッカー日本代表の初戦は9月6日に行われるアウェーのバーレーン戦からスタート!
    クアラルンプールで9月27日にあった組み合わせ抽選会で、A組の日本は3次予選で
    黒星を喫したバーレーンとのアウェー戦で、スタートを切ることになった。
    W杯ドイツ大会で完敗したオーストラリア、近年海外からの補強で力をつけてきたカタール、
    3次予選でサウジアラビアにホームで大勝したウズベキスタンと同組になった。


サッカー日本代表の【グループA】各国との過去の対戦成績
【バーレーン】との対戦成績:5勝1敗
年・月・日 試合結果
  1978・12・13 ○ 4−0
  2004・8・3 ○ 4−3
(延長)
  2005・3・30 ○ 1−0
  2005・6・3 ○ 1−0
  2008・3・26 ● 0−1
  2008・6・22 ○ 1−0
【ウズベキスタン】との対戦成績:4勝1分
年・月・日 試合結果
  1996・9・11 ○ 1-0
  1996・12・9 ○ 4-0
  1997・9・7 ○ 6-3
  1997・10・11 △ 1-1
  2000・10・17 ○ 8-1
【カタール】との対戦成績:2敗3分
年・月・日 試合結果
  1983・2・25 ● 0-1
  1984・4・26 ● 1-2
  1994・10・5 △ 1-1
  2000・10・20 △ 1-1
  2007・7・9 △ 1-1
【豪州】との対戦成績:5勝6敗5分
年・月・日 試合結果
  1994・5・22 △ 1-1
  1994・9・27 △ 0-0
  1995・2・15 ● 1-2
  1996・2・10 ○ 4-1
  1996・2・14 ● 0-3
  1998・2・15 ○ 3-0
  2001・6・7 ○ 1-0
  2001・8・15 ○ 3-0
  2006・6・12 ● 1-3
  2007・7・21 △ 1-1
(PK 4-3)


【グループA】各国の解説
日 本



 W杯予選では、楽な試合はありえないが、移動を考えるとサッカー
 日本代表にとっては非常に厳しい組み合わせになった。
 対戦国は中東のバーレーンとカタール、中央アジアのウズベキスタン、
 南半球のオーストラリア。


  最終予選終盤の来年6月には、12日間でウズベキスタン〜日本〜オーストラリアと移動して
  3試合を戦う。
  長距離移動と気候の変化に対応することが、サッカーのレベルよりも重要になってくる。
  同じ強豪が相手ならば、近隣の韓国や北朝鮮と同グループに入った方がまだ戦い易かったかも
  しれない。


  3次予選ではサッカー日本代表がアウェーで苦戦の連続だった。
  バーレーンにはまさかの敗北を喫し、オマーンとは「相手のPK失敗」という幸運に恵まれて
  引き分けた。中央・西アジアのアウェー戦での日本の戦績は、最近10試合で3勝3敗4分けと
  なっている。(現在欧州連盟のカザフスタンとの対戦を含む)
  完敗はないが勝利はすべて「1-0」と薄氷の勝利である。
  今回のアウェー4試合も、『引分け以上の戦績を残せば上出来』と考えた方が良いのかもしれない。
  しかしアウェーで勝ち点を拾えない場合には、その分、ホームでの重圧がかかる。
  走り回って球を奪い、速攻につなげる戦い方が、日本代表に浸透してきているが同時に、
  セットプレー以外に攻撃の形がなく『決定力不足』という持病を抱えて迎えるW杯最終予選となった。
  引き分けは計算できても、勝利を期待するとストレスが溜まる試合になりそうだ。


  このグループAではサッカー日本代表と豪州がW杯本大会出場の実績で上回るが、
  バーレーンも前回大会は北中米カリブ海とのプレーオフまで進んだ。
  ウズベキスタンは2007年アジア杯ベスト8で評価を上げ、3次予選では5連勝で一番乗りで
  最終予選進出を確定させた。
  以上から「本命不在のグループA」と云えるのではないか。
  3月に完敗したアウェーでのバーレーン戦がW杯アジア地区最終予選の初戦で再度巡って
  きたことが、長い戦いにどのように影響するのか。
  やはり、初戦のバーレーン戦の勝敗がポイントとなることには間違いない。


バーレーン

 前回W杯の最終予選と今回の3次予選に続き、サッカー日本代表と
 同じグループになった。
 過去の対戦は日本の5勝1敗だが、最近は1−0の試合が続く。
 3次予選で日本に唯一の黒星をつけた試合では、中盤での素早い
 プレスで日本のパスワークを封じた。


  最終予選進出が決まっていた第2戦は若手中心で臨み、日本に手の内を明かすことはなかった。
  チェコ人のマチャラ監督は試合の流れを読んで巧みに布陣を変更し、相手の長所を消す戦術。
  2004年アジア杯得点王のFWフバイルは3次予選でも2得点を挙げている。
  日本代表と接戦を演じた前回大会の最終予選で中心選手だったMFイサは今も健在である。


ウズベキスタン


 3次予選では各グループを通じて唯一、初戦から5連勝で最終予選
 進出を決めた。計15得点は10チーム中で最多得点。
 俊敏な動きで前線に飛び出すMFジェパロフ、屈強な体を生かして
 起点となるFWシャツキフが攻撃の軸となる。
 2人は8強入りした昨年のアジア杯でも抜群な連係を見せた。


  一方、3次予選ではシンガポールとのアウェー戦で7-3と格下相手に点の取り合いを演じた。
  日本にとっては4勝1分けと相性がいい相手である。
  唯一の引き分けは1998年W杯フランス大会予選。
  当時、岡田監督が、加茂監督解任を受けて初采配を振るった試合である。


カタール



 3次予選最終戦で、昨年の2007年アジア杯覇者のイラクに競り勝って
 最終予選に滑り込んだ。
 屈強の長身FWセバスティアンはウルグアイ出身。
 前線で体を張って起点となり、速攻の生命線だ。


  浦和レッズでJリーグ得点王となったブラジル出身のエメルソンは国籍問題により、出場できるか
  不透明である。
  堅守が身上だが、3次予選ではオーストラリア戦での2試合で計6失点と課題を残した。
  昨年の2007年アジア杯1次リーグの日本戦では、終盤に決めた直接FKで追いつき引き分けた。
  日本にとって過去5戦で勝ち星がない相性の悪い相手である。
  また、サッカー日本代表前監督のオシム氏も高く評価をしているチームでもある。


豪 州

 16強入りした2006年W杯ドイツ大会のメンバーが今でも主力である。
 イングランド・リバプールに所属するFWキューウェルをはじめ、
 欧州リーグで活躍する選手が大半を占めている。
 GKシュウォーツァーを中心とする守備陣は、3次予選6試合を
 3失点で凌いだ。


  指揮を執るのはJリーグの大宮や韓国代表で指導経験のあるピム監督。
  オセアニア連盟から転籍後、初のアジア予選とあって「アジアでの経験」を期待された起用である。
  3次予選の敵地は1勝1敗1分け。
  サッカー日本代表とは、昨年2007年7月のアジア杯準々決勝以来の対戦となる。
  この時はPK戦の末、日本に振り切られている。
  世界ランクはアジア最高の35位。
※世界ランキングは2008年6月末現在のものです。


【2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会】アジア地区最終予選
サッカー日本代表【グループA】-勝敗リーグ表
順位 国 名 試合 得点 失点 勝点
1位
オーストラリア
世界ランキング:35位
W杯アジア地区3次予選の成績
3勝2敗1分
8 6 2 0 12 1 11 20
2位
日本(岡田ジャパン)
世界ランキング:38位
W杯アジア地区3次予選の成績
4勝1敗1分
8 4 3 1 11 6 5 15
3位
バーレーン
世界ランキング:72位
W杯アジア地区3次予選の成績
3勝1敗2分
8 3 1 4 6 8 -2 10
4位
カタール
世界ランキング:83位
W杯アジア地区3次予選の成績
3勝2敗1分
8 1 3 4 5 14 -9 6
5位
ウズベキスタン
世界ランキング:58位
W杯アジア地区3次予選の成績
5勝1敗
8 1 1 6 5 10 -5 4


【2010年 FIFAワールドカップ南アフリカ大会】アジア地区最終予選
【グループA】リーグ戦日程&試合結果
※ 左側:ホーム / 右側:アウェー

 2008年9月6日(土) 現地時間 21:30キックオフ/日本時間 9月7日(日) 03:30キックオフ
 会場:マナマ国立競技場 テレビ放送:テレビ朝日系列、NHK-BS1/放送時間:9月7日(日)03:10〜
バーレーン 得点 日 本
2-3
 得点:サルマン・イサ(後半42分)
     オウンゴール(後半43分)
前半0-2
後半2-1
 得点:中村俊輔(前半18分)/遠藤保仁(前半44分)
     中村憲剛(後半40分)

 2008年9月6日(土) 現地時間 00:00キックオフ
カタール 得点 ウズベキスタン
3-0



 2008年9月10日(水) 現地時間 00:00キックオフ
ウズベキスタン 得点 豪 州
0-1

 2008年9月10日(水) 現地時間 00:00キックオフ
カタール 得点 バーレーン
1-1

↑このページのTOPへ戻る


 2008年10月15日(水) 現地時間 00:00キックオフ
豪 州 得点 カタール
4-0

 2008年10月15日(水) 現地時間 19:30キックオフ/会場:埼玉スタジアム2002
 テレビ放送:テレビ朝日
日 本 得点 ウズベキスタン
1-1
 得点:玉田圭司(前半40分) 前半1-1
後半0-0
 得点:シャツキフ(前半27分)

↑このページのTOPへ戻る


 2008年11月19日(水) 現地時間 00:00キックオフ
カタール 得点 日 本
0-3
前半0-1
後半0-2
 得点:田中達也(前半19分)/玉田圭司(後半2分)
     田中マルクス闘莉王(後半23分)


 2008年11月19日(水) 現地時間 00:00キックオフ
バーレーン 得点 豪 州
0-1

↑このページのTOPへ戻る


 2009年2月11日(水) 現地時間 00:00キックオフ
ウズベキスタン 得点 バーレーン
0-1

 2009年2月11日(水) 現地時間 19:20キックオフ 会場:横浜国際総合競技場
 テレビ放送:テレビ朝日
日 本 得点 豪 州
0-0
11 シュート 3
9 コーナーキック 2
25 フリーキック 17
62.4% ボール支配率 37.6%

↑このページのTOPへ戻る


 2009年3月28日(土) 現地時間 19:20キックオフ/会場:埼玉スタジアム2002
 テレビ放送:テレビ朝日
日 本 得点 バーレーン
1-0
 得点:中村俊輔(後半2分) 前半0-0
後半1-0
14 シュート 9
6 コーナーキック 1
24 フリーキック 15
61.5% ボール支配率 38.5%

 2009年3月28日(土) 現地時間 00:00キックオフ
ウズベキスタン 得点 カタール
4-0

↑このページのTOPへ戻る


 2009年4月1日(水) 現地時間 00:00キックオフ
豪 州 得点 ウズベキスタン
2-0

 2009年4月1日(水) 現地時間 00:00キックオフ
バーレーン 得点 カタール
1-0

↑このページのTOPへ戻る


 2009年6月6日(土) 現地時間 00:00キックオフ
カタール 得点 豪 州
0-0

 2009年6月6日(土) 現地時間 19:00キックオフ(日本時間 23:00)会場:タシケント
 テレビ放送:テレビ朝日系列 / 放送時間:6月6日(土)PM10:51〜AM1:20
ウズベキスタン 得点 日 本
0-1
前半0-1
後半0-0
 得点:岡崎慎司(前半9分)



 2009年6月10日(水) 現地時間 19:35キックオフ/会場:横浜国際総合競技場
 テレビ放送:テレビ朝日系列 / 放送時間:6月10日(水)PM7:04〜PM9:54
日 本 得点 カタール
1-1
 得点:オウンゴール(前半2分) 前半1-0
後半0-1
 得点:ヤフヤ(後半8分/PK)
12 シュート 12
4 コーナーキック 2
16 フリーキック 18
56.5% ボール支配率 43.5%

 2009年6月10日(水) 現地時間 00:00キックオフ
豪 州 得点 バーレーン
2-0



 2009年6月17日(水) 現地時間 00:00キックオフ
バーレーン 得点 ウズベキスタン
1-0

 2009年6月17日(水) 現地時間 20:20キックオフ(日本時間:19:20)/会場:メルボルン
 テレビ放送:テレビ朝日系列 / 放送時間:19:09〜21:24
豪 州 得点 日 本
2-1
 得点:ケーヒル(後半14分)/ケーヒル(後半31分) 前半0-1
後半2-0
 得点:田中マルクス闘莉王(前半40分)
サッカーユニホーム
ナショナルチーム
海外クラブチーム
日本代表
Jリーグ
選手支給用
トレーニングウェア
各種トレーニングウェア
  ナショナルチーム
  海外クラブチーム
  adidas/NIKE/PUMA
  MIZUNO/その他
スパイク&シューズ
adidas
NIKE
PUMA
MIZUNO
その他のブランド
フットサル用品
ユニホーム&ウェア
シューズ
その他/etc
ユーティリティ グッズ
用具全般
  GKグローブ
  各種ボール/シンガード
  その他/etc
サッカーグッズ
グッズ全般
  アクセサリー/小物/etc
その他のサッカー情報
サッカーショップ紹介
サッカー練習方法
フリースタイルサッカー
サッカー豆々知識
サッカー&フットサル
  関連サイトのご紹介

LINK集


特集ページ一覧
2010年 W杯 南アフリカ大会
 ├出場国(地域別)の紹介
 ├グループ(1次)リーグ
 ├決勝トーナメント
 └日本代表の道程

10〜11 UEFA欧州CL
  決勝トーナメント

10〜11 UEFA欧州CL
  グループリーグ

FIFAクラブW杯2009
  └出場クラブチームの紹介

サッカー専門メディア養成講座

 3,980円
 誰もが知っているあの
 Jリーガーが伝える
 
“わが子”をプロ選手に
 育てるための極意とは?


2006全日本ユース
大会優勝!
滝二黒田監督
音声CD3枚組
サッカー雑誌では全く
語られることの無かった
裏側まで「ズバッ」と
インタビューを断行しました。
販売価格:6,800円(税込み)


少年サッカー!
最強指導法!
 
只今、この教材の一部
「少年サッカー指導!7つの
キモ!」無料プレゼント中!


サッカー究極の上達法
元インターハイ準優勝者が
教えるサッカースクールでは
教えてくれないプロサッカー
選手になるための方法とは、
・・・
△このページのトップへ戻る
サッカー 日本 代表 ユニフォーム FIFA ワールドカップ 日本 代表 SOCCER 日本代表 サッカー and 日本 代表 サッカー ワールドカップ 日本 代表 サッカー 全日本 サッカー 代表 ユニフォーム サッカー 日本 サッカー 日本 代表 サッカー 日本 代表 Tシャツ サッカー 日本 代表 エンブレム サッカー 日本 代表 応援 サッカー 日本 代表 選手 サッカー 日本 代表 背番号 サッカー 日本 代表戦 サッカー ユニフォーム 日本 代表 サッカー 全日本 ユニフォーム サッカー 日本 ユニフォーム サッカー 日本 代表 ユニフォーム サッカー 日本 代表 ユニフォーム 販売 ジャパン ブルー ワールドカップ 日本 代表 全日本 サッカー 日本 サッカー 日本 サッカー 選手 日本 代表 日本 代表 サッカー 日本 代表 ジャージ 日本 代表 メンバー 日本 代表 ユニフォーム 日本 代表 応援 日本 代表 サッカー ユニフォーム 日本 代表 ユニフォーム サッカー 日本 代表 ユニフォーム レプリカ 日本 代表レプリカ ユニフォーム
Copyright (C) サッカー 用品 フラットスリー All Rights Reserved
サッカー用品 FLAT3 コンテンツメニュー一覧
UEFA欧州チャンピオンズリーグとは、  2007〜08UEFA欧州チャンピオンズリーグ 試合日程&結果  コンテンツNo3  コンテンツNo4
コンテンツNo5  コンテンツNo6  コンテンツNo7  サッカー代表チームを格付けする『FIFAランキング』とは?
サッカープレイヤー年間最優秀賞『バロンドール賞』とは? 各国代表監督と主将たちが選ぶ『FIFA年間最優秀選手賞』とは?
コンテンツNo11  コンテンツNo12  コンテンツNo13 コンテンツNo14