サッカー豆々知識

サッカー豆々知識

サイトマップ  ご利用についてのご案内


HOME>>サッカー豆々知識

サッカー豆知識
サッカーはボールだけ有れば特に他に揃える道具が必要なく、ルールも単純なため、
11人でチームを作りグランドでプレーするだけでなく、フットサルのように異なる形でも
楽しめます。


このため、南米やヨーロッパを中心に老若男女を問わず、世界中のあらゆる地域で
プレーされています。
世界中の国々でナショナルチームが組織されているのも世界中の人々に
親しまれていることの現れです。


サッカーは地球規模で考えても『地球一』メジャーなスポーツです。
具体的には、2001年の時点で、国際サッカー連盟(FIFA)によると
全世界200ヶ国と地域でプレーされ、競技人口は2億4000万人であるとしています。
サッカーの祭典『FIFAワールドカップ』はオリンピックと並ぶ世界最大のスポーツイベントと
なっています。
また参加国・地域数、スタジアムやテレビでの観戦者数などでオリンピックを
凌駕するとも云われています。




女子サッカー
近年、日本でも『撫子ジャパン』の活躍により、女子サッカーが注目されています。
しかし、20世紀初めまでは、サッカーは一般的に男性のものと見られ、
女性が男性のようにサッカーをするということは、「はしたない行為」であるという
認識が一般的だったようです。


1970年代頃から女性にもサッカー競技が開放されるようになり、アメリカや北欧を中心に
女子サッカーは発展しました。
現在では、『FIFA女子ワールドカップ』が開催され、アトランタオリンピックから正式種目に
採用されるなど少しずつ『女子サッカー』も一般的に認知されてきました。




障害者サッカー
20世紀末頃から身体や発達に障害を持つ人向けのサッカーが行われるようになっています。
これらのうちいくつかはパラリンピックやスペシャルオリンピックスにも採用されています。


・「車椅子サッカー」
・「視覚障害者サッカー」(パラリンピック採用競技)
・「ろうあ者サッカー」
・「知的障害者サッカー」(スペシャルオリンピック採用競技、世界選手権開催競技)
・「CPサッカー」(脳性麻痺者による7人制サッカー)
 などが行なわれています。


日本ではFIFAワールドカップ開催後の2002年8月に
『2002 INAS-FIDサッカー世界選手権大会』が国際知的障害者スポーツ連盟と
日本サッカー協会により東京と神奈川で開催されました。




近代サッカーのゾーンプレスとは?
1970年代に大活躍をした『スーパースター』ヨハン・クライフが率いたオランダ代表が
「トータルフットボール」と名付けた「全員攻撃&全員守備」という戦術が『ゾーンプレス』の
創めだと云われています。


そして、1980年代末に、イタリアの当時ACミランを率いたアリーゴ・サッキ監督が
「トータルフットボール」を「ゾーンプレス」に戦略的に確立させました。
その後、ゾーンプレスを戦術として確立させたACミランは80年代末から90年代前半まで
世界最強クラブとなり、ゾーンプレスはACミランの代名詞となりました。


日本では、Jリーグ開幕当初、加茂周率いる横浜フリューゲルス(現・横浜FC)が、
ゾーンプレスを戦術として掲げたことからその名称が浸透しました。




必要な用具
野原でボールを蹴って遊ぶのも『楽しいサッカー』の形の一つですが、
現在の一般的に必要なサッカー用具は下記のものです。


・シャツ
・パンツ
・ストッキング
・スパイク
・シンガード(脛当て)
・ゴールキーパーグローブ




用具の手入れ
サッカーボール
ボールの膨張や変形を防ぐ為に、練習後はボールの空気を抜きます。
ボールの汚れは濡らしたボロ布で軽く拭き、風通しの良いところで陰干しをします。
雨でボールが濡れてしまうと革が痛み易くなるので、乾いた布で水分を拭き取り
風通しの良いところで陰干しをします。
手入れをすることでボールも長持ちし、ボール本来の球体を保つことで
より良いプレーにつながります?


スパイク
シューズ表面に付いた汚れは柔らかい布で軽く拭き取ります。
この時にシューズクリーナーを使用すると汚れが落ちやすくなります。
シューズの底や縫い目に詰まった汚れは歯ブラシなどで軽く擦って落とします。
靴墨を塗り、乾いた布で拭き取ってツヤを出します。
保管する時には、スパイクの中に新聞紙や布などを詰めて形を整え
風通しの良い日陰で乾かしておきます。
このように手入れをするとスパイクの革が柔らかくなり足に馴染みやすくなります。


ユニホーム
汚れが酷い箇所は洗濯機に入れる前に手洗いすると汚れが落ち易くなります。
汗や雨でぬれたユニホームは色落ちすることがあるので注意しましょう。
また背番号が消えないように、ユニホームを裏返してから洗濯ネットに入れて洗いましょう。
サッカー練習やサッカー試合後のユニホーム等は汗やドロで汚れていますので
帰宅後はすぐに洗いましょう。




フットサル豆知識
日本での歴史
日本での、ミニサッカーの始まりは1970年代に日本に来ていたサッカーの
ブラジル人選手のアドバイスによると云われています。
1977年に、日本サッカー協会(JFA)の傘下に日本ミニサッカー連盟が発足しましたが、
これ以前に、1973年からミニサッカー選手権サッカーが開催されていました。


また1976年から1980年には、女性による8人制の大会も行なわれていました。
この大会が、後の『なでしこリーグ』へとなりました。


1994年よりJFAが「ミニサッカー委員会」を設立し、同年9月に「フットサル委員会」と
名称を改めました。
その後に、日本全国にフットサルを普及させる取り組みがなされ、1996年には
第1回の全日本フットサル選手権が開催されました。


現在では、フットサルのコートも増えて、老若男女を問わず一般の愛好家も増え
フットサルを楽しんでいます。




ピッチのサイズ
フットサルにおけるピッチの大きさは縦38-42m×横18-22m (国際大会)


プレイヤーの人数
競技者は5人以下で、そのうち一人はゴールキーパーです。
交代要員は最大7人までとなっていますが、 選手交代の回数は制限されていません。


必要な用具
・ジャージまたはシャツ
・パンツ
・ソックス
・シンガード
・シューズ
スパイク付きは使用できないので、トレーニングシューズや体育館用のシューズが必要です。
またフットサル専用シューズもあります。


日本では・・・
1990年代頃から、競技人口が増え始めました。
日本では、屋内コートよりも屋外の人工芝コートで行なわれる事が多いようです。
ただし、日本サッカー協会(JFA)主催・主管の競技リーグや各種大会では、
基本的には、屋内の体育館やスポーツコートの屋内施設で行われています。


一般のフットサルは・・・
一般でもフットサルは盛んに行われており、民間経営によるフットサルコート施設は
2005年には全国に300施設を超え、フットサルプレイヤーの増加に繋がっています。


また、民間の草フットサル大会も盛んに行われており、各民間施設や
各スポーツイベント企画会社などが首都圏を中心に一般向けのフットサル大会が
盛んに開催されています。
近年、民間団体主催の大会も開催され、主な大会は下記の通りです。


・フットワンストック
・全国青年大会
・ニッポンハムカップ・フットサルトーナメント
・フルキャスト楽天ベネワンカップ




サッカー豆々回顧録
激闘!1974年 西ドイツワールドカップ
西ドイツが開催国となった1974年の大会には、98ヶ国が予選に参加した。
旧東ドイツも本大会初出場を果たし、分断後初めて両ドイツがワールドカップで
顔を合わせました。


しかも一次リーグの組み合わせ抽選で、皮肉にも両国が同じグループになり、
大方の予想に反して?東ドイツが1対0で西ドイツを破った。
しかし、大会序盤は振るわなかった優勝候補の西ドイツでしたが次第に調子を取り戻し、
本戦トーナメント決勝では、オランダと最高の試合を魅せてくれました。


決勝戦は「皇帝」ベッケン・バウワー率いる西ドイツVS「スーパースター」ヨハン・クライフ率いる
オランダのドリームマッチとなりました。


当時、「トータルフットボール」を掲げ大会に参加したオランダは注目の的となっていました。
アルゼンチンを4対0、東ドイツを2対0、ブラジルを2対0で破り圧倒的な強さで決勝へと
駒を進めて行きました。


オランダはキックオフからボールをバックラインに下げ、前後左右にパスを廻した為に、
西ドイツの選手は全くボールに触ることが出来なかった。


オランダはボールの動きに合わせてチーム全員が動くため西ドイツ側にスペースができる。
クライフは空いたスペースを見逃すことなく、すばやくドリブル突破し、
猛然とペナルティエリアへ突入した。
このクライフの素早いドリブルに着いて行けずにウリ・へネス(西独)がファウルを冒した。
そして試合開始直後にPKを得たオランダが先制しする。


しかし、ここからが「ゲルマン魂」の本領発揮だった。
オランダの戦術から西ドイツはDFのベルティ・フォクツがクライフに対して
徹底的にマークをして攻撃の起点をことごとく潰していった。


前半の中盤頃になると、今度はヘルツェンバイン(西独)がペナルティエリア内で倒され
PKを決めて西ドイツが同点にした。
後にヘルツェンバイン本人が「アレはファウルではなくダイブしただけだった」と
認め物議をかもした。


更に前半終了間際に『爆撃機』ゲルト・ミューラーが
決勝点を上げ2対1で西ドイツが逃げ切り二度目の
世界一に輝いた。


現在では主流となっている『ゾーンプレス』の先祖に当たる
『トータルフットボール』がそれまでのFW・MF・DFの
役割分担が明確だったクラシカルなサッカーに終止符を
打った大会でもありました。
サッカーユニホーム
ナショナルチーム
海外クラブチーム
日本代表
Jリーグ
選手支給用
トレーニングウェア
各種トレーニングウェア
  ナショナルチーム
  海外クラブチーム
  adidas/NIKE/PUMA
  MIZUNO/その他
スパイク&シューズ
adidas
NIKE
PUMA
MIZUNO
その他のブランド
フットサル用品
ユニホーム&ウェア
シューズ
その他/etc
ユーティリティ グッズ
用具全般
  GKグローブ
  各種ボール/シンガード
  その他/etc
サッカーグッズ
グッズ全般
  アクセサリー/小物/etc
その他のサッカー情報
サッカーショップ紹介
サッカー練習方法
フリースタイルサッカー
サッカー豆々知識
サッカー&フットサル
  関連サイトのご紹介

LINK集


特集ページ一覧
2010年 W杯 南アフリカ大会
 ├出場国(地域別)の紹介
 ├グループ(1次)リーグ
 ├決勝トーナメント
 └日本代表の道程

10〜11 UEFA欧州CL
  決勝トーナメント

10〜11 UEFA欧州CL
  グループリーグ

FIFAクラブW杯2009
  └出場クラブチームの紹介

サッカー専門メディア養成講座

△このページのトップへ戻る
Copyright (C) サッカー 用品 フラットスリー All Rights Reserved
サッカー用品 FLAT3 コンテンツメニュー一覧
UEFA欧州チャンピオンズリーグとは、  2007〜08UEFA欧州チャンピオンズリーグ 試合日程&結果  コンテンツNo3  コンテンツNo4
コンテンツNo5  コンテンツNo6  コンテンツNo7  サッカー代表チームを格付けする『FIFAランキング』とは?
サッカープレイヤー年間最優秀賞『バロンドール賞』とは? 各国代表監督と主将たちが選ぶ『FIFA年間最優秀選手賞』とは?
コンテンツNo11  コンテンツNo12  コンテンツNo13 コンテンツNo14