ユニコード

ユニコード

電脳 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、基礎的なパソコン・インターネット・ITなどの関連用語を出来る限り平易に解説することに努めた豆々小事典です。パソコン・インターネット・ITに関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
電脳生活のお供として、是非ご活用下さい!
スポンサードリンク
HOME>>電脳全般>>ユニコード

ユニコード
unicode
世界各国の文字体系に対応させることを目的に開発された統一文字コード。
すべての文字に2バイトのコードを割り振ることで、アルファベットや漢字などを統一的に取り扱える。Windows 2000/XPやMac OS 8.5以降で採用している。


米アップルコンピュータや米マイクロソフト、米IBM、米サン・マイクロシステムズ、米ノベルなど、OS開発を手掛ける米国企業が中心になって設立したユニコードコンソーシアムが提唱した。
現在、英語などアルファベットを使用する言語は1文字を1バイトで、漢字を使う日本語や中国語などは1文字を2バイトで表している。このため、1バイト用に作成されたソフトを2バイト用に変更するローカライズの作業では、文字数の数え方などソフトの細部に及ぶ大改造が必要だった。ユニコードでは、一部の例外を除いてすべての文字を2バイトで扱うため、こうした不都合がなくなる。
スポンサードリンク スポンサードリンク
是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
インターネット ハードウェア ソフトウェア
OS マイクロソフト&ウィンドウズ アップル&マック
電脳全般 電脳リンク集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C) 電脳 豆々小事典 All Rights Reserved