インタフェース

インタフェース

電脳 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、基礎的なパソコン・インターネット・ITなどの関連用語を出来る限り平易に解説することに努めた豆々小事典です。パソコン・インターネット・ITに関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
電脳生活のお供として、是非ご活用下さい!
スポンサードリンク
HOME>>ハードウェア>>インタフェース

インタフェース
interface
2つ以上の機器をつなぐ場合に必要な各種の装置・技術・手順またはそれらの規格や仕様そのものを指す。
コンピューターの場合、仕事をさせるには本体だけでなく、ディスプレイ・ディスクドライブ・キーボード・プリンターなどデータを入出力するための周辺機器が必要になる。
これらをパソコン本体と接続するためには、個々の機器に対応したデータ転送速度やタイミングや手順などを規定するインタフェース仕様と、それに準拠したインタフェース装置が必要になる。
現在パソコンの周辺機器インタフェースとして広く使用されているものにはUSBやIEEE1394のほかに、ハードディスクやCD-ROMドライブをつなげるエンハンストIDE、モデムなどをつないでいたRS-232C、LAN端子などがある。
スポンサードリンク スポンサードリンク
是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
インターネット ハードウェア ソフトウェア
OS マイクロソフト&ウィンドウズ アップル&マック
電脳全般 電脳リンク集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C) 電脳 豆々小事典 All Rights Reserved