PC/AT互換機

PC/AT互換機

電脳 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、基礎的なパソコン・インターネット・ITなどの関連用語を出来る限り平易に解説することに努めた豆々小事典です。パソコン・インターネット・ITに関する基礎知識としてご活用頂ければ幸いです。
電脳生活のお供として、是非ご活用下さい!
スポンサードリンク
HOME>>ハードウェア>>PC/AT互換機

PC/AT互換機
PC/AT compatible machine
米IBMが1984年に発表した16ビットパソコンIBM PC ATのソフトと周辺機器を利用できるように設計されたパソコンのこと。
日本では、PC/AT互換機に日本語処理をソフトウエアで可能にするDOS/VというOSが登場したことで、1992年秋以降は国内でもPC AT互換機が急速に普及した。これにより、国内向けのPC AT互換機はDOS/V機とも呼ばれた。
スポンサードリンク スポンサードリンク
是非、お役立て下さい!


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
インターネット ハードウェア ソフトウェア
OS マイクロソフト&ウィンドウズ アップル&マック
電脳全般 電脳リンク集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C) 電脳 豆々小事典 All Rights Reserved